ここから本文です

田嶋会長、「夏春制」に移したい意向をJクラブに明かす…年内に方向性出す方針

7/12(水) 6:04配信

スポーツ報知

 J1、J2、J3実行委員会が11日、都内のJFAハウスで行われ、日本サッカー協会の田嶋幸三会長(59)が出席。各リーグごとに行われた会議で田嶋会長は約30分ずつ、Jリーグを現行の春開幕から欧州主要リーグと同じ夏に開幕し、春に終了する「夏春制」に移したい意向を明かした。自身が留学していたドイツなどを例に挙げ、移行の重要性を伝えた。

 ただ、降雪地域のクラブからは反対意見もあり「シーズン移行で入場者数が減った場合などの補填(ほてん)は」などの質問が出た。議論を重ね年内に方向性を出す方針だ。

最終更新:7/12(水) 12:12
スポーツ報知