ここから本文です

(スポーツTOPICS)水泳飛び込み、角度に注意 学校で相次ぐ事故、対策は「前方に飛ぶ」

7/12(水) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 水泳の季節。学校で相次ぐプールでの飛び込み事故をどう防ぐか。
 6月11日。東京都江東区の辰巳国際水泳場で東京都高校春季水泳大会の競技に先立ち、参加選手、指導者に向け、安全対策に関する映像が流された。
 スタート時の飛び込みでプールの底に頭を打ったことによる脊髄(せきずい)損傷が多く発生▽入水角度が水平から30度以上になると頭は水深1メートルに達することから、「前方に飛び出すことで入水角度を下げる」ことが重要――。イラストや動画でそんな説明がなされた。

 ■後遺症、10年30件
 日本スポーツ振興センターによると、2005~15年の間に、小中高校の授業や部活動での飛び込みで後遺症が残った事故は約30件発生した。……本文:2,779文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社