ここから本文です

新種牡馬の産駒も好調 最高額はキズナ産駒のフィオドラ17

7/12(水) 6:03配信

デイリースポーツ

 「セレクトセール2017」の2日目当歳セリが11日、北海道苫小牧のノーザンホースパークで開催され、新種牡馬の産駒がセール初登場した。

 最高額9000万円で落札された「フィオドラ17」など、キズナ産駒をグループで4頭を購入した(株)ノーズヒルズの前田幸治代表(68)は「思い入れがあるし、産駒は他の牧場でも評判がいい。ディープインパクトの後継種牡馬になってほしい」と期待する。

 なお、ゴールドシップ産駒は、里見治氏が5000万円で購入した「マイジェン17」が、エピファネイア産駒は安原浩司氏が4200万円で落札した「オーマイベイビー17」が最高額だった。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ