ここから本文です

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

7/12(水) 12:10配信

ねとらぼ

 漫画家ルーツ(おっさん)がふらりとどこかへ行き、自分のことをツインテールのかわいい女の子だと思い込んで漫画にする連載「ルーツレポ」。初回は「首都圏外郭放水路」に行ってきました。

【マンガ1ページ目】(全5ページ)

●ルーツ プロフィール

北海道出身の漫画家・漫画原作者。代表作に『てーきゅう』(原作)、『ルーツビア』など。ニコニコ静画で自分の日常を4コマ(実質3コマ)漫画にした『自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで、今日の出来事を4コマにする。』更新中。中身はビール好きのおっさんです。


●編集雑記

 首都圏外郭放水路は、埼玉県春日部市にある世界最大級の地下放水路。併設された施設「龍Q館」では無料の見学会が開催されており(要予約)、ルーツも今回そちらに参加してきました。

 約100段の階段を降りた先にあるのは、「地下神殿」というRPGチックな異名を誇る巨大な調圧水槽。まさに「デカァァァァァいッ説明不要!!」な迫力と荘厳さに、思わずルーツも「まあまあおもしろかった」と感動しています。……してるよね?

 見学会の開催状況や申し込み方法は公式サイトで確認可能。ちなみに、最後にルーツが食べたネパール人がやってるインドカレー屋も「まあまあおいしかった」そうです。

最終更新:7/12(水) 12:10
ねとらぼ