ここから本文です

五輪・自転車へ情報共有 静岡県東部20市町、連携確認

7/12(水) 7:40配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 伊豆市で開催される2020年東京五輪・パラリンピック自転車競技開催に向けて、静岡県東部地域の連携を深めるための連絡調整会議が11日、沼津市のプラサヴェルデで開かれた。県の担当者と東部20市町の副市長、副町長らが出席し、大会に向けた課題や今後の取り組みなどの情報を共有した。

 県オリンピック・パラリンピック推進課の山本東課長は、30日に伊豆ベロドロームで開かれる五輪旗とパラリンピック旗を受け取る記念イベントへの参加を呼び掛けた。地元開催の機運を盛り上げるため、二つの旗が9月まで県内を巡回することも紹介された。

 プレ大会となる19年トラック自転車競技世界選手権大会、20年五輪・パラリンピックに向けた地元の課題として「輸送手段の確保」「会場内外の警備」「開催機運の盛り上げ」「大会レガシーの創出」の4点を挙げて、解決への協力と連携強化を求めた。

静岡新聞社