ここから本文です

日向で「恋する灯台」ワークショップ 細島灯台の認定を機に地元の「キュン」再発見 /宮崎

7/12(水) 12:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 日向商工会議所(日向市上町)で7月10日、「恋する灯台」ワークショップが開催された。主催は日本ロマンチスト協会、日本財団「海と日本プロジェクト」。(日向経済新聞)

「恋する灯台」ワークショップの参加者

 今年日向市の「細島灯台」が同協会により「恋する灯台」に認定された。これを機に今回、灯台周辺の観光資源をロマンチックな視点で再定義し、観光フライヤーを制作する「ワールドクエスト」式ワークショップが開かれた。単なる場所の説明ではなく、「ここでしか味わえない体験」(クエスト)を提案することを目的にしている。

 参加者はグループに分かれ、付箋に日向市の「絶対外せない場所」「絶対忘れられないあの店、あの味」「2人ならもっと楽しい場所」「本当は教えたくない秘密のパワースポット」「大切な人に語りたい○○」「私だけが知っている○○」を書き出し、多数決で「恋する灯台」観光ガイドに掲載するスポットを選定した。「幸福神社」(本町)、「グリングラス」(伊勢ヶ浜)、「日向市駅前」(上町)、「エンゼルロード」(日向岬)、「米の山展望台」(日知屋)などが選ばれた。

 同協会副事務局長の八田雅也さんは「今回のワークショップを通し、キュンとするスポットを地域の皆さんと知ることで、地域の魅力をたくさん見つけられた」と話す。

 今後、参加者が各スポットで写真を撮影し、同ガイドに掲載する予定。

みんなの経済新聞ネットワーク