ここから本文です

阪神・ロジャース、代打でデビュー!12日は「4番・一塁」でスタメン

7/12(水) 7:00配信

サンケイスポーツ

 (ウエスタンリーグ、阪神2-6広島、11日、鳴尾浜)阪神の新外国人、ジェイソン・ロジャース内野手(29)=パイレーツ3A=が11日、就労ビザの発行手続きを終え、ウエスタン・広島戦(鳴尾浜)にベンチ入り。0-1の六回無死一塁、代打でタテジマの背番号「48」を初披露した。

 「実際の試合のユニホームを着ることができて、自分としてもうれしく思うよ」

 相手は今後、1軍で対戦するであろう広島・福井。黒のバットを揺らし、小刻みに左足を動かしてタイミングを取る。じっくりと見極め、フルカウントから6球目。内角144キロ直球を振り切った。打球は遊撃への詰まったライナーに。この打席だけで退いたが「悪くはない。最近プレーしてから2週間くらいたっていたが、自分が思っていたより感触もよかった」とうなずいた。

 掛布2軍監督は「1打席でどうこうって、野球はそんなもんじゃない。(まだ)何とも言えないよ」と笑いつつ、「あすは一塁でスタメン」と明言。12日の同戦では「4番・一塁」に入る予定だ。

 球宴明けの17日、広島戦(甲子園)からの1軍昇格も期待される。「米国でも日本人投手と何度か対戦したことがある。向こうの投手とそこまで変わらない印象だった」とR砲。待望の新スラッガーから、今後も目が離せない。