ここから本文です

宮里藍らコースで調整=野村「楽しくやる」―全米女子オープンゴルフ

7/12(水) 10:09配信

時事通信

 【ベッドミンスター(米ニュージャージー州)時事】女子ゴルフの今季メジャー第3戦、全米女子オープン選手権(13日開幕、米ニュージャージー州ベッドミンスター)に出場する日本勢が11日、会場のトランプ・ナショナルGC(パー72)で調整した。

 今季限りの引退を表明した宮里藍は午前中に9ホールを回り、その後はコーチの指導を受けながら、2メートル前後のパットを入念に確認。悲願のメジャー初制覇とツアー通算10勝目に向けて調整に余念がなかった。

 米ツアー3勝の野村は9ホールを回り、「グリーンの傾斜があるのでセカンドの距離感が一番大事」とショートゲームの重要性を再認識。「メジャーの中でも一番大きい大会。楽しくやりたい」とリラックスした表情だった。

 4月末を最後に米ツアーを離れていた宮里美香はこれが復帰戦。昨年のリオデジャネイロ五輪代表を逃してから、モチベーションが上がらず、「とりあえず無になりたい」と1カ月ほど休暇を取った。ヨットのアメリカズカップ観戦のためにバミューダ諸島に旅行するなどリフレッシュし、1週間前から練習を再開。ハーフを回り、「今週は結果にこだわらず、楽しみたい」と話した。 

最終更新:7/12(水) 10:15
時事通信