ここから本文です

富山・氷見の老舗酒屋がリニューアル ワインや酒の新たな楽しみ方提案 /富山

7/12(水) 15:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 90年続く氷見の老舗酒屋「ROCKY」が6月25日、「wine + SAKE とらねこ屋」(氷見市加納、TEL 0766-72-0511)にリニューアル・オープンした。(富山経済新聞)

様々なワイン、日本酒を取りそろえる

 酒のディスカウントストアから、ワインや日本酒の新たな楽しみ方を提案し、氷見の酒・食に携わる人々の活動をバックアップするリカーショップへと再始動した同店。「とらねこ屋」という店名について、4代目の店主・高橋薫さんは「『大虎』(大酒飲み)は困るけれど、『とらねこ』くらいにお酒を愛してほしいという思いから付けた。お酒を愛する仲間が増えて、街全体で楽しく豊かな日々を営むことができれば」と話す。

 スタッフや知人、近所の人たちと共に、5月末から1カ月かけて倉庫のような店内をほぼ自分たちで改装。「雨の日も曇りの日も、お客さんが来れば楽しい気分になれるよう」にと、手作り感にあふれた、明るく温かみのある雰囲気づくりを目指した。リカーショップのほかにイベントスペースも併設し、誰でも利用することができる(要予約)。隔月で「ひみSAKE姫会」と称したイベントも開催する予定だ。

 自身もお酒好きであるという高橋さんは「日々のちょっとしたご褒美感覚で飲める多種多様なワインや、氷見の土壌で醸された日本酒、それらにぴったり合うおつまみを、少しだけおせっかいにお薦めさせてもらう。さまざまなゲストとコラボしたイベントも開催していく」と意気込む。

 7月14日には日本酒プロデューサーの上杉孝久さんを講師、「吉乃友酒造」の杜氏・廣島達彦さんをゲストに迎えたイベントを開催。「キッチン花水木」の食事とともに、純米酒の楽しみ方をレクチャーする。料金は6,500円。要予約。

 営業時間は10時~19時30分。水曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク