ここから本文です

【高校野球埼玉大会】花咲徳栄コールド発進 飯能はシーソーゲーム制す

7/12(水) 7:55配信

産経新聞

 第99回全国高校野球選手権埼玉大会(県高野連など主催)は4日目の11日、県営大宮公園球場(さいたま市大宮区)など7球場で2回戦19試合が行われた。

 選手宣誓を行った鳩山は四回裏に暴投で先制点を許し、東農大三8番・温水に適時二塁打を打たれ、五回には一挙8点を奪われ、コールド負けとなった。飯能-日高は八回で飯能が追いつき延長へ突入。両者得点が奪えないまま2-2で迎えた延長十二回、日高が1点を勝ち越すも、その裏に飯能が2点を返し逆転勝利を収めた。

 3年連続代表を狙うAシードの花咲徳栄は越谷総合を11-1の五回コールド勝ち。このほか、川越工、ふじみ野、埼玉平成、杉戸、浦和実、大宮南、川越総合、市川越、大宮工、八潮南もコールド勝ちした。

 12日には、初出場となる開智未来などが登場。10球場で2回戦27試合が行われる。(飯嶋彩希)

最終更新:7/12(水) 7:55
産経新聞