ここから本文です

韓流締め出した中国 ドラマ輸入再開か=予兆示す動きさまざま

7/12(水) 14:18配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】在韓米軍への米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」配備に反発する中国の「韓流締め出し」の緩和に対する期待が高まりつつある中、中国エンターテインメント業界が動き出している。

 韓国の放送業界によると、中国のバイヤーは5月の韓国新政権発足後、韓流ドラマについて電話で問い合わせていたが最近は次々と来韓し、ドラマ制作会社や芸能プロダクションの関係者と会って市場調査を行っている。

 THAADの韓国配備決定後、中国の「限韓令(韓流禁止令)」により打撃を受けた韓国コンテンツ業界は、最近の中国バイヤーの動きに希望を持ちつつも期待は禁物だとの立場だ。

 ある韓流スターが所属する芸能事務所の代表は「中国で再び韓流ドラマの輸入が検討され始めたのは事実のようだ」と述べた。バイヤーたちは中国政府からドラマの買い付けを始めてよいとの許可が下りたと説明しながら問い合わせをしてきたという。

 また、「バイヤーたちは早ければ9月ごろから韓流ドラマの輸入割当制が再開され限韓令が徐々に解除されるのではないかとみており、そのときに備えて韓流ドラマ市場の調査に乗り出した」と話した。

 ドラマ制作会社の代表も「中国バイヤーが年末または来年初めに韓流ドラマの輸入割当制が再び実施されるようだと話していた」と伝えた。

 バイヤーの問い合わせは続いているがまだ契約には至っていない。中国政府が韓流ドラマの輸入について検討を始めたとはいえ、いつ方針を覆すか分からないためだ。

 一方で、限韓令により中国での活動を控えていた韓国のドラマや映画のスタッフが再び中国の制作現場に加わっている。

 韓国の放送局関係者は「すでに中国ドラマの制作現場に韓国のスタッフが大勢いる。ただし、クレジットタイトルに名前を表示しない、または韓国の名前を伏せるという条件で参加している」と伝えた。

 代表的な例として、先月から中国で放送されているドラマ「夏至未至」が挙げられる。同作は放送開始から中国で大きな人気を集めているが、制作は韓国のヒットドラマ「星から来たあなた」を手掛けたプロデューサーのチャン・テユ氏をはじめ韓国人スタッフが中心となって行っている。しかし、韓国人スタッフが携わっていることは伏せられ、制作陣は中国人スタッフの名前だけが並んでいる。

 前出のドラマ制作会社代表は「中国で『夏至未至』が旋風を巻き起こしているが韓国人スタッフが制作した事実は隠されている。こうした形で制作されるドラマが一つや二つではない」と話している。

最終更新:7/12(水) 14:57
聯合ニュース