ここから本文です

企業物価、6月は前年比2.1%上昇 3カ月連続で同水準

7/12(水) 11:08配信

ロイター

[東京 12日 ロイター] - 日銀が12日に発表した6月の企業物価指数(速報)によると、国内企業物価指数(2015年=100.0)は前年比で2.1%上昇となり、3カ月連続で同じ伸び率となった。前年と比べた原油などの国際商品市況の上昇が押し上げ要因になっている。

ロイターがまとめた民間調査機関の予測中央値は前年比2.1%上昇となっており、結果はこれと同水準だった。

国内企業物価が前年比で上昇するのは6カ月連続。前年比でみた原油など原材料価格の上昇を反映し、石油・石炭製品や鉄鋼、電力・都市ガス・水道などが押し上げに寄与した。

もっとも、最近の原油価格は再び軟調な推移となっており、前月比では石油・石炭製品がマイナス寄与に転じている。先行きのエネルギー価格を抑制する可能性がある。

上昇品目数と下落品目数は、公表744品目のうち前年比で353品目が上昇、300品目が下落した。上昇と下落の差は53品目となり、前月の72品目からプラス幅が縮小した。

(伊藤純夫)

最終更新:7/21(金) 22:30
ロイター