ここから本文です

<米国>断交問題のカタールとテロ資金対策で覚書

7/12(水) 12:46配信

毎日新聞

 【ワシントン会川晴之】ティラーソン米国務長官は11日、サウジアラビアなど4カ国が「テロリストに資金援助を続けている」として断交したカタールを訪問した。タミム首長らとの会談後に記者会見し、米、カタール両国がテロ資金対策強化の覚書を交わしたと発表した。ティラーソン氏は12日にはサウジを訪問しサウジなど4カ国外相と協議、問題解決に向けた取り組みを続ける。

 ティラーソン氏はカタールでの会見で、トランプ米大統領が5月にサウジを訪問した際に、テロ資金根絶を訴えたことに言及し、カタールは「大統領の要請に最初に応えた国」と高く評価した。

 ティラーソン氏は、10日に断交問題の仲介に当たるクウェートを訪問。当事国に「早期に危機を収拾するため対話を通じた解決を図るよう」要求、カタールでも同様の働きかけをしたとみられる。

最終更新:7/12(水) 13:06
毎日新聞