ここから本文です

原油先物が続伸、EIAが18年の米原油生産予想を下方修正

7/12(水) 12:00配信

ロイター

[シンガポール 12日 ロイター] - 12日のアジア市場で、原油先物は続伸。米エネルギー情報局(EIA)が2018年の米国原油生産予想を前月から下方修正したほか、米国内の原油在庫減少が示されたことが寄与した。

0155GMT(日本時間午前10時55分)現在、北海ブレント先物<LCOc1>は0.65ドル(1.4%)高の1バレル48.17ドル。米原油先物<CLc1>は0.73ドル(1.6%)高の同45.77ドル。

11日はいずれも約1.4%高だった。

米石油協会(API)が公表した7月7日までの1週間の国内原油在庫は、前週比810万バレル減の4億9560万バレルとなった。

EIAが公表した2018年の米国原油生産は前年比日量57万バレル増の990万バレルとなり、原油の増産幅は前月予想の日量68万バレルから引き下げられた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:7/17(月) 14:11
ロイター