ここから本文です

舞台で1人2役の松ケン、そっくり人形に「なんか安心する」

7/12(水) 6:01配信

スポニチアネックス

 俳優の松山ケンイチ(32)が11日、都内で行われた舞台「髑髏城の七人 Season風」(9月15日初日、IHIステージアラウンド東京)の製作発表に出席した。

 戦国時代末期を舞台にした冒険活劇。松山は主人公・捨之介と敵役・天魔王の1人2役を務める。テーマは“影武者”とあって、主催者が松山そっくりの人形を約90万円かけて制作。「後頭部とか撮影してるから何だろ?と思ってた」と苦笑いした松山だが、人形の手をとると「なんか安心する」と話して笑わせた。