ここから本文です

九州豪雨、ボランティアらに無料ランチ 日田の飲食店

7/12(水) 13:39配信

朝日新聞デジタル

 豪雨災害の被災地を支援するボランティアや避難者のため、大分県日田市庄手にあるレストラン「旬彩ビュッフェ 銀の鈴」が、無料の食事を用意している。

【写真】ボランティアら向けに無料のランチを用意している「旬彩ビュッフェ 銀の鈴」の長沢社長=12日、大分県日田市庄手、興野優平撮影

 運営会社「ベルフーズ」社長の長沢道夫さん(67)が発案。市内にある長沢さんの自宅は被災を免れたが、泥だしなどに汗を流すボランティアの姿をみて、「頭が下がる。何かできないか」と考え、1400円程度のランチの無料提供を10日から始めた。

 バイキング形式で、から揚げや焼きそばなど約50種類のメニューが並ぶ。栄養をつけてもらおうと、避難生活を送る住民も無料だ。午前11時~午後3時(土日は午後1時~3時)。予約が必要。問い合わせは0973・28・5200。(興野優平)

朝日新聞社