ここから本文です

丸亀城西が初戦突破、大西が公式戦初完投 6月に清宮と対戦「刺激になった」

7/12(水) 13:34配信

デイリースポーツ

 「高校野球・香川大会2回戦、丸亀城西5-1高松桜井」(12日、四国コカ・コーラボトリングスタジアム丸亀)

 丸亀城西が、高松桜井に快勝して初戦を突破した。背番号10の先発・大西徳哉投手(2年)が4安打1失点の好投。打線は9安打で5点を奪った。

 右横手投げの大西はカーブ、スライダー、シュート、シンカーなど多彩な変化球を低めに集め、五回まで無安打無失点の快投を続けた。六回に初安打を許し、九回には2安打で1点を失い完封は逃したものの、公式戦では初完投。「ボールを低めに集めて打たせて取る投球ができた」と満足そうに振り返った。

 6月に行われた香川県高野連主催の招待試合では早実と対戦。先発で4回7安打4失点と打ち込まれ、“怪物”清宮幸太郎内野手(3年)には本塁打も打たれた。得意のシュートをバックスクリーン左に運ばれたが「さすがと思った。すごい刺激になった」と言う。その早実戦を反省に、この日は「フォームでも緩急をつけて打者のタイミングを外そうと思った」と、クイックを多用するなど工夫して投げ、凡打の山を築いた。

 3回戦は藤井学園寒川と観音寺総合の勝者と対戦する。常に冷静な技巧派右腕は「次も引き続きボールを低めに集め、緩急をつけて投げたい」と話した。