ここから本文です

振り込め詐欺容疑、中国が邦人35人拘束 警察庁が要請

7/12(水) 14:58配信

朝日新聞デジタル

 中国当局が福建省で日本人の男女35人を詐欺容疑で拘束していたことが12日、日中関係筋の話で分かった。3日に日本の広州総領事館に拘束を通報した。今後、正式に逮捕される可能性がある。当局は日中の振り込め詐欺グループに関わっているとみている。警察庁がこのうちの1人について中国側に捜査協力を要請していた。

 中国外務省によると、拘束は6月30日。関係筋によると、グループは関東地方で被害が発生した振り込め詐欺事件などで、主に日本に電話をかける「かけ子」の役割をしていたとみられる。グループによる詐欺被害は中国でも起きている可能性があり、中国当局が捜査している模様だ。

 日中間では容疑者の引き渡しに関する条約が結ばれていないため、35人の身柄の扱いは中国政府の判断となる。犯罪行為が中国で発生していれば、日本での被害も中国で裁かれる可能性もある。(北京=延与光貞)

朝日新聞社