ここから本文です

<元漫才師>大西幸仁さんが自宅兼アトリエを美術館に 岡山

7/12(水) 18:46配信

毎日新聞

 漫才コンビ「ちゃらんぽらん」で活動し、2008年から画家に専念している大西幸仁(こうじん)さん(56)が17日から、岡山県矢掛(やかげ)町の自宅兼アトリエを美術館として一般公開する。

 昨年末に出身地の兵庫県尼崎市から移住し、木造2階建ての空き家を改修。白い外壁をカンバスにして雅号の「太陽」を描き、長さ約50メートルの塀に花の絵を咲かせて作品「太陽の恵み」を仕上げた。

 所蔵作品は約300点。「中途半端やなー」のギャグで知られた大西さんは、「ここに自分の全てがある。中途半端やないで」。【益川量平】

最終更新:7/12(水) 21:14
毎日新聞