ここから本文です

大阪・天保山公園で「手持ち花火大会」 地域住民が企画 /大阪

7/12(水) 19:12配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 天保山公園(大阪市港区築港3)西口特設広場で7月29日、地域住民による手作り企画「天保山手持ち花火大会」が開催される。運営は天保山商店会(港区築港)。(大阪ベイ経済新聞)

「天保山手持ち花火大会」のチラシ

 築港・天保山地域の公園は花火が禁止されていることから、「地域住民が花火を楽しめる手づくりの花火大会」として2009年に始まった同企画。2005年に中止となった「天保山海上花火大会」復活への思いも込めているという。9回目となる今年は、過去最大規模で開催するという。

 参加者は、大会指定の花火(200円~300 円)を購入することで18時からの手持ち花火大会に参加できる。20時30分から行うフィナーレでは、同商店会手作りの噴出花火を使ったショーも行う。

 会場では、地域の飲食店を中心に5店舗が出店。「天保山ビール」や「大阪ラムネ」などを販売する。このほか、港区で活躍するバンドを中心に7組が出演する音楽ライブも開く。

 同商店会会長の甲斐良朗さんは「夏の風物詩である『手持ち花火』で行う花火大会。楽しんでもらえるよう頑張るので、ぜひ遊びに来てほしい」と話す。

 開催時間は13時~21時。手持ち花火大会は18時~。荒天時は翌日順延。小学生以下は保護者(中学生以上)要同伴。

みんなの経済新聞ネットワーク