ここから本文です

【ロッテ】16失点大敗で自力CS進出消滅…伊東監督「3回で11点、話にならない」

7/12(水) 6:33配信

スポーツ報知

◆西武16―6ロッテ(11日・メットライフドーム)

 今季を象徴するような大敗で、ひとつの区切りがつけられた。ロッテはこの夜で80試合を終え、25勝54敗1分け。まだ前半戦だが、自力CS進出の可能性が消滅した。「これだけ負けてりゃしょうがないでしょ。3回で11点、話にならない」。伊東監督は苦虫をかみつぶしたような顔で切り出した。

 二木の乱調が誤算だった。初回、浅村に先制弾を許すと、2回には先頭から4連打や浅村に2打席連発を食らうなど打者9人に6安打6点と攻められ、この回で降板。今季最短となる2回7失点でのKOに「(2回に)同点になって、ここからというところで…。もったいないじゃ済まされない」と、うなだれた。2番手・高野も8失点と乱れ、終わってみれば今季最多の16失点だ。

 伊東監督は「こういう状況の中でも応援してくれてる人たちのために、意地を見せてほしい」と奮起を促した。

最終更新:7/14(金) 15:33
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報