ここから本文です

高速化“てんこ盛り”の「WiMAX 2+」で気になること

7/12(水) 18:17配信

ITmedia Mobile

 UQコミュニケーションズ(以下「UQ」)は5月16日に、モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」のソフトウェアアップデートを公開しました。この更新を適用することで、W04の下り最大通信速度が440Mbpsから590Mbpsに高速化するほか、「256QAM」変調への対応やUDC(Uplink Data Compression)を利用した上り通信速度の改善も行われます。

【高速化アピールの例】

 下り最大590Mbpsは、UQが提供する「WiMAX 2+」の電波(2波)とau(KDDIと沖縄セルラー電話)が提供する「4G LTE」の電波を使った「3波キャリアアグリゲーション(CA)」と、WiMAX 2+における「4×4 MIMO」の組み合わせによって実現しています。

●通信速度アップで「気がかりなこと」

 さまざまな仕組みを「てんこ盛り」にして下り・上り双方の通信速度アップが図られたW04。しかし、今回のアップデートに関連して「気がかりなこと」が複数あります。

 まず、256QAM変調への対応についてです。W04が256QAM変調に対応すると、WiMAX 2+の下り最大通信速度が約1.3倍になる……はずなのですが、アップデートの告知や関連する資料からは、高速化に関する具体的な記載を見つけられませんでした。

 唯一、下り通信の高速化について「記載」があったのは、UQ WiMAX取扱店にある最新のミニパンフレットです。ただ、スペック表のハイスピード(WiMAX 2+単独)モードにおける下り最大速度が「440Mbps」から「558Mbps」に書き換わった程度で、気を付けないと見落とすレベルです。

 携帯電話サービスで最大通信速度が上がった場合、普通なら対応エリアがほとんど無視できるレベルでしか存在しない場合でも(それはそれで問題ですが……)、「最大○Mbps対応!」とアピールするものです。今回の256QAM対応も「下り最大558Mbpsになりました!」とアピールをしても良いはずなのですが、UQは全くといって良いほど宣伝していません。

 UDCに関しても「送信(上り通信)速度が向上します」と書いてあるだけで、どの程度改善するのか特に触れられていません。

 もっとも、UDCは「データ圧縮」による高速化で、送信するデータ(ファイル)の状況によって効果が大きく変わるため、CAやMIMOのように高速化の度合いを数値で示すことは困難です。

 とはいえ、「どの程度効果を期待できるのか?」といった何らかの示唆はほしかったです……。

●最大の懸念ポイントは高速通信の「エリア展開」

 そして、筆者最大の懸念ポイントは「下り最大590Mbpsのエリアは今後広がるのか?」という点です。

 実は、WiMAX 2+と4G LTEの3波CAによる下り通信高速化の先例として、2016年7月にUQが発売した「Speed Wi-Fi NEXT W03」(※)があります。この機種は3波CAによって下り最大通信速度が370Mbpsに引き上げられました。

(記事中の通信速度は、全て理論値)

※筆者注:この機種はauが先行して2016年6月に発売しました

 W03発売時にauやUQが出したニュースリリースの注釈には、このようなことが書かれています。

370Mbpsは東京都渋谷駅周辺エリアから開始し、順次、大阪府梅田駅周辺、愛知県名古屋駅周辺、山手線主要駅周辺など順次拡大予定。なお、駅構内はご利用いただけない場合があります。

 これを読んだ筆者は「多少時間がかかることはあっても、徐々に拡大していくのだろうな」と期待しました。しかし、発売から1年経過した現時点でも、下り最大370Mbpsエリア拡大という「続報」はUQやauから出ていません。

 実際には対応エリアを粛々と広げていた可能性もあります。しかし、少なくとも筆者がW03を使った限りでは、WiMAX 2+単独のハイスピードモードの方がむしろ下り通信速度が良好になることもあり、「WiMAX 2+とau 4G LTEの3波CAが使えるからより快適!」と実感したこともありません。

 W04ではWiMAX 2+において4×4 MIMOに対応し、ソフトウェアアップデートで下り最大590Mbpsに対応しました。しかし、アップデートから1カ月以上が経過した今現在でも、ショップではそのことをほとんどアピールしていません(展示ツールの更新で変わるかもしれませんが……)。エリア情報を見ても、W03と同様に「東京都、愛知県、大阪府の一部」としか書かれておらず、具体性はありません。

 やや乱暴な仮説ではありますが、UQ(あるいはau)が下り最大370Mbps・590Mbps対応を積極的にアピールしないのは「対応エリアの拡大が困難である」あるいは「積極的に拡大する予定がそもそもない」からかもしれません。

●最新機種はより快適に通信できる

 ここまで述べた通り、通信速度の高速化について疑問点が残るUQのWiMAX 2+サービスですが、最近の“高速化した”ルーターが従来よりも快適に通信できるようになったことは事実です。

 例えば「Speed Wi-Fi NEXT WX03」では、補助アンテナ付きのクレードルを装着するとアンテナピクトがふらつく屋内でも下り・上りともに実用的な速度で通信できるようになります。「通信速度を改善するためにクレードルを持ち歩くのはどうなんだ?」という議論はあるかもしれませんが、WiMAX 2+の電波がいまいちな場所での速度改善効果は確かにあります。

 また、この機種は上り通信でのCAにも対応していますが、その効果を体感できるシーンも増えています。新しい機種では確実に通信品質が上がっているのです。

●新プラン登場でルーターにアップデート

 UQ WiMAXといえば、au 4G LTEに接続できる「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料金(月額1005円)が、3年契約を条件に無料とする新プランを6月から提供しています。

 ハイスピードプラスエリアモードを使うメリットは、au 4G LTEの電波をつかむことによってWiMAX 2+の圏外時のエリア補完ができることと、移動中により安定して通信できることにあります。一方で、このモードでのデータ通信容量が7GBを超過するとWiMAX 2+を巻き込んで当月末まで速度制限がかかるという欠点もあります。

 設定した通信量を超過した場合にデータ通信をストップする機能があれば、ハイスピードプラスエリアモードを使いすぎを防げるわけですが、従来のUQのモバイルルーターにはそのような機能がありませんでした。

 ……が、6月29日にW03とW04に対してソフトウェアアップデートが配信され、これらの機種の「通信量カウンター機能」に「通信停止機能」が追加されました。

 この機能を使うと、ユーザーが設定したしきい値に達した場合にデータ通信を自動停止できます。これにより、「ハイスピードプラスエリアモードで7GBをうっかり超えちゃった!」というミスを回避できるようになりました。

最終更新:7/13(木) 13:10
ITmedia Mobile