ここから本文です

<毎日書道展>開幕 書のファンら集う 東京・国立新美術館

7/12(水) 19:30配信

毎日新聞

 第69回毎日書道展(主催・毎日新聞社、毎日書道会)の東京展が12日、東京・六本木の国立新美術館で開幕した。青木保・同館館長、朝比奈豊・毎日新聞社会長、鬼頭墨峻・同展実行委員長らがテープカット。待ちわびた書のファンらが、お目当ての作品に向かって次々に会場へと入っていった。

 会期は、国立新美術館会場が前期展1期=17日まで▽同2期=19~24日▽後期展1期=26~31日▽同2期=8月2~6日(いずれも午前10時~午後6時。火曜休館。水曜は午後1時開場)、東京都美術館会場(東京・上野)は7月19~25日(午前9時半~午後5時半。25日は午後2時半閉会)。

 入場料は一般700円、大学生400円、高校生以下無料。会期中の問い合わせは03・6812・9921。【桐山正寿】

最終更新:7/12(水) 22:11
毎日新聞