ここから本文です

全国の高専でデータを共有した状態だった Office365の設定を巡り高専機構に批判集まる

7/12(水) 19:30配信

ねとらぼ

 国立高等専門学校機構(以下、「高専機構」)の使用しているOffice365が、全国の高専全体で一部データが共有される設定になっていたとして、高専機構のセキュリティの甘さを批判する声が広がっています。このことをSNSで問題視する見方が広がり、高専機構のOffice365は現在一部機能を除き停止した状態となっています。

【画像】高専機構のサイト

 高専機構によると、共有されていたデータは機構内で共有することを目的にした授業教材、学生会の資料、全国の高専に所属する個人の名前などで、外部への共有は無かったとのこと。“個人がOffice365内に保存していたとみられるアニメも共有されていた”とする意見については「個人が公開していた情報については確認できていない。今後指導したい」とコメントしました。なお、今回サービスを停止したもののもともとの設定ミスではないとしています。

 高専機構は今後、マイクロソフトと相談しデフォルト値の設定変更などの対応を行う予定。また、現在メールサービスは復旧済みですが、全機能復旧がいつになるかは分からないとしています。

最終更新:7/12(水) 19:30
ねとらぼ