ここから本文です

「銀魂」橋本環奈が熊本でのイベントに出席「また来たいとずっと思ってた」

7/12(水) 18:41配信

映画ナタリー

映画「銀魂」のイベントが7月11日に熊本・ゆめタウンはません内のTOHOシネマズ はませんで行われ、キャストの橋本環奈が登壇した。

【写真】橋本環奈演じる神楽。(他40枚)

空知英秋のマンガを実写化した本作は、パラレルワールドの江戸が舞台のアクションエンタテインメント。神楽役の橋本のほか、小栗旬、菅田将暉、長澤まさみ、岡田将生、柳楽優弥、吉沢亮がキャストに名を連ねる。

観客たちから大きな拍手で迎えられた橋本は「初めて映画に出演させていただいたときに撮影した場所が熊本だったので、また来たいとずっと思っていました」とうれしそうに挨拶。また橋本は出演のオファーがある前から神楽というキャラクターが好きだったことを明かし、「原作のイメージを崩さないようにしたいなと思いました」と撮影を振り返る。続けて「現場の和気あいあいとした雰囲気がそのまま作品にも出てると思います」と作品をアピールした。

2016年4月に発生した熊本地震の影響で、約1年間営業を停止していたゆめタウンはません。ゆめタウンのイメージキャラクターを務める橋本は「損壊の報を聞いたときは驚きましたし、心を痛めました。関係各位の皆さんのお力で約1年かけてこのように復旧されて……今日来てみて、この復旧は本当に皆さんの努力の賜物なんだなと思いました」としみじみ話した。そして最後に橋本は「今日は震災で苦労されたことをひとときでも忘れていただき、『銀魂』を楽しんでいただけたらと思います」と集まったファンに呼びかけ、イベントを締めくくった。

「銀魂」は7月14日より全国ロードショー。



(c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会

最終更新:7/12(水) 18:41
映画ナタリー