ここから本文です

「兄こま」片寄涼太、千葉雄大らが夏デート演技!「片寄溺れてる」3連発

7/12(水) 19:24配信

映画ナタリー

本日7月12日、「兄に愛されすぎて困ってます」の大ヒット舞台挨拶が東京・丸の内ピカデリーで行われ、キャストの土屋太鳳、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、草川拓弥(超特急)、杉野遥亮が登壇した。

【写真】「見て、片寄溺れてる」と土屋太鳳(右)に知らせる杉野遥亮(左)。(他39枚)

夜神里奈のマンガを実写化した本作は、告白12連敗中の女子高生・橘せとかに訪れたモテ期を描くラブコメディ。主人公のせとかを土屋、彼女の血のつながらない兄である“お兄”ことはるかを片寄が演じている。

イベントでは、男性キャストたちが土屋演じるせとかを相手役に、デートにまつわる演技を披露する企画“夏デート選手権!”が行われることに。海デートを選択したトップバッターの杉野は、開始早々「見て、片寄溺れてる」と片寄をネタにして観客を笑わせ、「もし(部活の)試合に勝ったら、もう1回2人だけで海来ない?」という決めゼリフで締めくくる。土屋は「素敵な成長をされて……カッコいいなあと思いました」と笑顔で感想を述べた。

続く草川がテーマに選んだのは水族館デート。草川は「あれ? 片寄溺れてない?」と水槽をのぞき込んだあと「俺の女になってよ。いろんなことを教えてあげる」と土屋の目を見て言う。演技の終了後には、千葉は「何を教えてもらえるんだろう」と、杉野は「いろんなところにテクニックがちりばめられていて、匠だなあって思いました」とそれぞれ感想を漏らした。また“倦怠期を迎えたカップルのお家デート”という設定の千葉は、雑誌を開くまねをして「あっ、片寄溺れてる」とポツリ。土屋と軽い言い争いになるくだりでは「俺は心からせとかのことが好きだから。ごめんねのキスさせて」と言い、会場を大いに沸かせた。

最後に演じることになった片寄は「好き同士だけど付き合ってはいない2人がお祭りに行くんです」と設定を明かしたあと、一瞬だけ目を閉じて精神統一。そしてお祭りを楽しんでいる最中に自身が留学することを告げ、「次会うときは俺の彼女な」と土屋の頭に手を置く。片寄が「どない? 2日間考えたんだけど」と照れくさそうに感想を求めると、土屋は「お兄らしいストレート感にズキューンときました!」と目を輝かせ、千葉は「強気! さすがお兄ですね!」と称賛していた。

最後に土屋が「1年前の今頃はまだ撮影をしておりませんでした。1年経った今、こんなにたくさんの方が『兄こま』を愛してくださっていることを実感してうれしく思っております」と観客にメッセージを送り、舞台挨拶は終了した。

「兄に愛されすぎて困ってます」は全国の劇場で上映中。



(c)2017「兄こま」製作委員会 (c)夜神里奈/小学館

最終更新:7/12(水) 19:42
映画ナタリー