ここから本文です

フロントガラスにナビ情報投影

7/12(水) 7:55配信

産経新聞

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは11日、新型スポーツ用多目的車(SUV)「レンジローバー・ヴェラール」の受注を始めたと発表した。ボディーはなめらかな曲線を生かしたデザイン。フロントガラスに速度やナビの情報を投影する機能も搭載し、運転の快適性を高めた。

 ディーゼル車とガソリン車の全33車種をそろえ、価格は699万円から。レンジローバーブランドでは4つ目のモデルとなる。ドアハンドルがドア本体に埋め込まれ、カギを持って押すと、持ち手が浮き上がる機構も初めて導入した。SUVを好む女性ドライバーなど幅広い層をターゲットに日本市場の開拓を図る。

最終更新:7/12(水) 8:15
産経新聞