ここから本文です

赤ちゃんパンダ、誕生1カ月=平均より大きく成長―上野動物園

7/12(水) 17:09配信

時事通信

 上野動物園(東京都台東区)でジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生して12日で1カ月を迎えた。

 体重は1キロを超え、平均より大きく成長しているという。白黒模様がはっきりし、すっかりパンダらしくなった赤ちゃんに、職員らも胸をなで下ろしている。

 同園によると、赤ちゃんは12日午前、5回目の身体検査を受けた。体重は誕生直後の約8倍の1.1キロ、体長は約15センチ伸び29.5センチになった。中国から招いた専門家によると、「平均よりやや上の水準で成長している」という。

 母親シンシン(12歳)も順調に子育てに励んでおり、赤ちゃんを抱き寄せてなめたり、定期的に授乳したりしているという。

 福田豊園長(57)は「不安定な最初の1カ月を乗り越え、シンシンもちゃんとお母さんをしている。気を許すことなく見守りたい」と話した。 

最終更新:7/12(水) 17:15
時事通信