ここから本文です

二審も差し止め認めず=JR東海の井戸くみ上げ―大阪高裁

7/12(水) 17:18配信

時事通信

 JR東海が鳥飼車両基地(大阪府摂津市、茨木市)で掘削した井戸をめぐり、摂津市が同社にくみ上げの差し止めを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(池田光宏裁判長)は12日、訴えを棄却した一審大阪地裁判決と同様に、差し止めを認めなかった。

 
 井戸は基地内の茨木市域にある。同社と摂津市は地盤沈下を防止するため、地下水のくみ上げを禁止した環境保全協定を結んでいる。

 池田裁判長は、協定には法的拘束力があり、基地全体に適用されると判断。しかし、くみ上げが禁止されるのは地盤沈下の具体的な危険性がある場合に限られると解釈し、現場にはその危険性がないと結論付けた。

 摂津市の森山一正市長は記者会見で「判決は納得できない」と述べ、上告する方針を示した。 

最終更新:7/12(水) 17:18
時事通信