ここから本文です

酒気帯び運転容疑でプロボクサー逮捕=元新人王再起途上―大阪府警

7/12(水) 17:59配信

時事通信

 酒気帯び運転をしたとして、大阪府警南署は12日、同府和泉市伯太町のプロボクサー、京口竜人容疑者(26)を逮捕した。

 「事故を起こし、飲酒運転がばれてしまいました」などと話し、容疑を認めているという。

 所属ジムなどによると、京口容疑者は2010年にプロデビューし、翌年の全日本新人王を獲得。15年に傷害事件を起こして逮捕された。ライセンス停止を経てジムを移籍し、今年8月に復帰4戦目を予定していた。

 逮捕容疑は12日午前2時ごろ、大阪市中央区内で酒気帯び状態で貨物自動車を運転した疑い。

 同署によると、京口容疑者は大阪市内で知人と飲食していたとみられ、「1軒目でビール5、6杯を飲み、2軒目は覚えていない」と供述。アルバイト先の車を運転して帰宅する途中、タクシーに追突事故を起こし、警察官が基準を超えるアルコールを確認したため逮捕した。タクシー運転手は負傷しており、同署は事故についても調べる。 

最終更新:7/12(水) 19:57
時事通信