ここから本文です

日本ハム大谷翔平が今季初登板、初回は打者3人 先頭に四球も吉田正を併殺に

7/12(水) 18:27配信

デイリースポーツ

 「オリックス-日本ハム」(12日、京セラドーム大阪)

 日本ハムの大谷翔平投手が今季初登板となる先発のマウンドに立った。初回は先頭の小島を四球で歩かせたものの、3番の吉田正を併殺打に打ち取り、結果として打者3人で切り抜けた。

 先頭打者を四球で出した大谷は苦笑いを見せる場面もあった。続く駿太はフォークで空振り三振に切ってとった。3番・吉田正は低めの速球で併殺打に仕留めた。

 大谷の1軍での登板は昨年10月22日の広島との日本シリーズ第1戦以来、約9カ月ぶりとなる。ペナントレースに限れば、完封勝利で胴上げ投手となった昨年9月28日の西武戦以来、287日ぶり。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 13:40