ここから本文です

<東京高齢者2人死亡>熱中症、病死か ケアマネが遺体発見

7/12(水) 20:57配信

毎日新聞

 12日午後2時20分ごろ、東京都杉並区西荻北3の住宅を訪れたケアマネジャーの女性が室内で男女2人の遺体を見つけ、110番した。警視庁荻窪署はこの家に住む80代の夫婦とみて身元確認を進めるとともに、熱中症や病死の可能性があるとみて調べている。

 同署によると、2人は1階寝室の布団の上にあおむけで並んで倒れていた。目立った外傷はなく、死後数日が経過していた。遺体の状況から、女性が先に死亡したとみられる。

 ケアマネジャーは住宅の中から応答がなかったため、合鍵で入ったが、室内に荒らされた形跡はなかったという。近所の人によると、この家に住む男性は数日前に元気な様子で歩いていた。女性は持病があり、介護サービスを受けていたという。【深津誠、山本佳孝】

最終更新:7/14(金) 11:52
毎日新聞