ここから本文です

地方議員の年金加入に反対=自民案を阻止―松井大阪知事

7/12(水) 18:20配信

時事通信

 大阪府の松井一郎知事は12日の記者会見で、自民党が地方議員の厚生年金への加入を検討していることについて「大反対だ。非常勤の議員を優遇する必要があるのか」と述べ、反対する考えを示した。

 松井氏は日本維新の会代表を務めていて、「自民党案を阻止する。国政でも反対のキャンペーンを行う」と主張した。

 待遇改善のため地方議員が厚生年金に加入すれば、保険料を議員と自治体が折半で負担することになる。松井氏は「加入を認めることになっても大阪府としては(保険料負担の)予算を付けない」と強調した。

 地方議員のなり手が不足している問題について、松井氏は「議員の身分保障を厚くするのではなく、議員になりやすい環境整備が必要だ」と指摘。具体的には議会会期を短縮する案などを挙げた。 

最終更新:7/12(水) 18:25
時事通信