ここから本文です

阪神・大和が追撃タイムリー 相手のまずい守備に大山激走

7/12(水) 18:50配信

デイリースポーツ

 「阪神-中日」(12日、甲子園)

 2試合連続スタメン出場の阪神・大和が、1点差に迫る適時二塁打を放った。

 0-2の二回。先頭の原口が死球で出塁すると、大山は一ゴロ。1死一塁となり、大和が先発・バルデスの内角をうまくさばいた。

 打球は左翼線を破り、左翼手・ゲレーロがクッションボールの処理を誤る間に一走・大山が一気にホームへ。「内よりの球をうまく打ち返すことができましたし、大山の好走塁のおかけでタイムリーになりました」。2日・ヤクルト戦(甲子園)以来、出場6試合ぶりの打点を挙げた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 20:10