ここから本文です

ヤクルト・山田が先制タイムリー その後の1死満塁は得点逃す

7/12(水) 18:58配信

デイリースポーツ

 「巨人-ヤクルト」(12日、東京ドーム)

 ヤクルト・山田が初回、先制のタイムリーを放った。

 9連敗中のヤクルトは初回、先頭の上田が中前打。犠打で1死二塁とし、ここで山田が左前へはじき返す適時打。連敗阻止へ幸先のいいスタートとなった。

 続くバレンティンが四球、坂口の左前打で1死満塁と追加点のチャンスをつかんだが、武内、中村が凡退し、押せ押せムードもしぼんだ。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/28(金) 11:15