ここから本文です

<米海軍>衝突のイージス艦 損傷生々しく

7/12(水) 21:41配信

毎日新聞

 米海軍は12日、静岡県伊豆半島沖でフィリピン船籍の大型コンテナ船と衝突したイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」の損傷部分の写真を、毎日新聞などに提供した。米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)のドライドック内で撮影された。

 米海軍によると、損傷を受けたのは右舷艦橋下の操舵(そうだ)室や艦長室、船底部の7人の乗組員が亡くなった2居住区など。写真では、衝突で開いた船底の大きな穴が応急処置のパッチ(継ぎ当て)で塞がれている。また操舵室などが大破した状況が、衝撃の大きさを物語っている。【田中義宏】

最終更新:7/12(水) 21:44
毎日新聞