ここから本文です

藤井四段が相撲観戦、対面した白鵬から「かわいいね」

7/12(水) 19:37配信

デイリースポーツ

 「大相撲名古屋場所4日目」(12日、愛知県体育館)

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ棋士・藤井聡太四段(14)が師匠の杉本昌隆七段とともに観戦し、横綱白鵬と対面した。

【写真】まるでボクシング 白鵬が両手を広げて“挑発ポーズ”

 相撲は5歳で将棋を始めたのと同じ頃からテレビで見始めたといい、生観戦は今回が2回目。「気迫のぶつかり合いを生で体感して、自分もあれぐらいの気迫で盤に向かって行かなければと思いました。相撲は一瞬で勝負が決まってしまうので、勝負にかける気持ちをすごく感じました」と大いに刺激を受けていた。

 また、全取組終了後は横綱白鵬と対面し、自ら文字を書き入れた扇子をプレゼント。最初に「かわいいね」と声をかけられたと言い、「ただただ恐縮なんですけど、自分も白鵬関のように堂々とした将棋を指せるように頑張りたい。もっと強くなって、白鵬関のようになりたいですね」と、うれしそうに話した。