ここから本文です

阪神・大和が同点タイムリー!この試合3打点目

7/12(水) 20:03配信

デイリースポーツ

 「阪神-中日」(12日、甲子園球場)

 阪神・大和が六回、値千金の同点2点適時打を放った。この試合3打点目。

【写真】あわや乱闘!阪神・秋山の死球に中日・ゲレーロ仁王立ち

 大島の2ランで1-4となった直後の六回。上本と糸井の安打で1死一、三塁としてから4番の中谷が左前適時打を放ち2点差に詰め寄った。

 原口が倒れ、大山が四球でつなぎ2死満塁の絶好機に。ここで、二回に適時打を放っている大和が「球種やコースどうこうではなく、ストライクゾーンに来たら打ちにいこうと思っていました」と振り返るバッティングで先発・バルデスの外角球を右前に運び、2者が生還した。

 続く俊介は倒れて逆転はならなかったが、試合が振り出しに戻り、甲子園の虎党はわいた。

スポーツナビ 野球情報