ここから本文です

アカカミアリに刺される=作業員が名古屋港で

7/12(水) 21:37配信

時事通信

 愛知県などは12日、毒を持つ特定外来生物の「アカカミアリ」が名古屋港の飛島ふ頭(愛知県飛島村)で見つかり、その際に30代の男性作業員が両手首を刺されたと発表した。

 男性は病院で手当てを受けたが、健康上の問題は生じていないという。

 男性は9日に名古屋港に入港した船からコンテナを荷揚げする作業を担当していた。他に刺された人はおらず、その場にいたアリ約60匹は、別の作業員が殺虫剤で駆除した。

 船は1日にフィリピンのマニラ港を出航、韓国・釜山港、大阪港を経て名古屋港に入った。アカカミアリは、ヒアリに比べ毒性は弱く、6月に大阪府内でも確認されている。県は、地元医師会などにも情報提供し、注意を呼び掛けている。 

最終更新:7/12(水) 21:46
時事通信