ここから本文です

米FRB議長、緩やかな利上げが適切=資産圧縮は「早期」

7/12(水) 21:55配信

時事通信

 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は12日、下院金融サービス委員会で証言し、経済成長と物価安定に向け「今後数年、緩やかな利上げが適切」との認識を示した。

 年内に始める資産圧縮は「比較的早期」に取り組むと改めて表明した。

 議会証言は半期ごとに実施。イエレン議長は米景気について、年初に減速した成長は「4~6月期に持ち直したようだ」と分析。弱さが目立つ物価動向を注視する考えを示しつつ、労働市場や設備投資、消費は堅調だと評価。「米景気は今後2、3年緩やかに拡大する」と予想した。 

最終更新:7/13(木) 1:09
時事通信