ここから本文です

G大阪 倉田 古巣への“恩返し”で勝利「昔を思い出した」

7/12(水) 22:41配信

スポニチアネックス

 ◇天皇杯3回戦 G大阪2―0千葉(2017年7月12日)

 試合を決めたのは古巣への“恩返し”を誓っていた日本代表MF倉田秋(28)だ。

 1-0の後半10分、FW長沢駿(28)のパスを受けると、左サイドを駆け上がったDF藤春広輝(28)に約40メートルのスルーパス。「完璧なボールだった」(倉田)と自画自賛したように50メートル5秒8の快速を誇るサイドバックのトップスピードを殺さず、足元へピンポイントに合わせた。その流れから最後はMF泉沢仁(25)が追加点を奪った。

 10年にG大阪からの期限付き移籍で千葉に加入した。元々はボランチでプレーしていたが当時の江尻監督に「お前は攻撃的な選手だよ」と攻撃的MFにコンバートされた。そしてリーグ29試合8得点。「自分の今のスタイルを作ってくれたクラブ」と感謝の念は尽きない。試合後は千葉のサポーター席へ挨拶に向かい拍手をもらった。「昔を思い出した」と白い歯を見せ「来年、再来年はJ1で千葉と戦いたい」とエールを送った。

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1