ここから本文です

【DeNA】ドラ1浜口、プロ最短3回2失点で降板「ボールが真ん中に集まってしまいました」

7/12(水) 20:45配信

スポーツ報知

◆広島―DeNA(12日・マツダスタジアム)

 DeNAのドラフト1位左腕・浜口遥大投手(22)=神奈川大=がプロ最短でKOされた。3回までに毎回の6安打を浴びて2点を奪われ、この回限りで降板。「調子自体は悪くなかったですが、ボールが真ん中に集まってしまいました」と肩を落とした。

 ここまで自身4連勝中で、12球団の新人最多となる6勝を挙げている浜口は、監督推薦で初の球宴出場も決めている。初回は1死二塁、2回も1死一、二塁のピンチをしのいだが、3回は1死二塁から丸に中前に運ばれ、先制点を献上。さらに2死一、三塁で、エルドレッドの打席で暴投し、三塁走者の生還を許した。

 浜口は課題の四球こそなかったものの、わずか48球でのKOとなった。

最終更新:7/12(水) 23:40
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/27(木) 6:20