ここから本文です

【巨人】12安打8得点3連勝で4位浮上、前半戦38勝44敗で折り返し

7/12(水) 21:22配信

スポーツ報知

◆巨人8―3ヤクルト(12日・東京ドーム)

 巨人はヤクルトに3連勝、4位に浮上した。「2番・二塁」でマギーを起用した打線は12安打8得点。亀井は4安打3打点の活躍だった。投げては先発の宮国が5回1失点で今季初勝利。宮国の先発での白星は、14年10月6日の広島戦(マツダ)で先発し、7回1失点で前田(現ドジャース)に投げ勝って以来だった。この試合で球宴を前に前半戦が終了し、巨人は38勝44敗。後半戦は17日の中日戦(ナゴヤドーム)から始まる。

 巨人は初回に先発・宮国が1失点したが、長野の8号ソロですぐに同点に追いついた。4回には、村田が12年に横浜(現DeNA)から巨人へ移籍して以来、通算100号となるメモリアルアーチを放って勝ち越し。6月3日のオリックス戦(東京ドーム)の4号満塁以来となる5号は、巨人ファンで埋まる右翼席に飛び込んだ。

 そして5回、打者10人の猛攻で5点を追加。1死一、二塁で坂本勇の左中間適時二塁打を口火に、1死満塁で村田が左犠飛。さらに2死満塁で亀井がヤクルト2番手・ギルメットから走者一掃の中越え3点適時二塁打を放ち、この試合で10連敗となったヤクルトを突き放した。

 投手陣は先発・宮国が5回1失点。2番手・高木勇は1回1/3を2失点だったが、その後森福、西村、カミネロとつなぎ、投打がかみ合った。

最終更新:7/12(水) 22:13
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 23:55