ここから本文です

筑波大、天皇杯で2戦連続“ジャイアントキリング”!09年明大以来の大学勢ベスト16

7/12(水) 21:54配信

スポーツ報知

◆サッカー 天皇杯 ▽3回戦 筑波大2―1福岡(12日・ケーズデンキスタジアム)

 天皇杯3回戦が各地で行われ、筑波大が、エースFW中野誠也(4年)の3戦連発となる2得点でJ2福岡を2―1で破った。筑波大は2回戦のJ1仙台に続く、2戦連続の“ジャイアントキリング”で、2009年明大以来となる大学勢の16強入りを果たした。

 筑波大は、2回戦でJ1仙台を2―3を撃破した勢いそのまま、積極的なシュートと素早い寄せで試合の主導権を握った。前半は決定力を欠き0―0で折り返したが、後半24分、左からのクロスに中野が頭を合わせて先制。同34分には再び中野が、右からの低いクロスにヘディングシュートをたたき込み追加点を挙げた。来季のJ11磐田入りが内定している中野は、1回戦から3試合連発で通算5得点目の大暴れ。「最高です。1試合1試合いい準備ができている。次の試合ができるのは光栄。全員での守備、攻撃ができている。選手もしっかり戦術を理解している。これを続けていきたい」と笑顔。筑波大としては、32チームでの開催だった95年大会以来のベスト16で、地元からバス5台で駆け付けた200人のサポーターと勝利を喜んだ。

最終更新:7/27(木) 2:10
スポーツ報知