ここから本文です

七夕賞制覇のゼーヴィント、左前脚骨折で復帰は年明け

7/13(木) 6:03配信

スポーツ報知

 9日の七夕賞で重賞2勝目を飾ったゼーヴィント(牡4歳、美浦・木村厩舎)が左前の第1指骨近位端骨折を発症しているが12日、分かった。同馬を管理する木村調教師が明らかにしたもの。レース後に左前脚に打撲の疑いもあったが、美浦トレセンの診療所でX線検査を実施した結果、骨折が判明。近日中に北海道苫小牧のノーザンファーム空港牧場へ移動して、再検査を受ける予定。

 木村調教師「症状としては重度のものではないですが、打撲だけでなく複合的に骨折しているので、再検査をしてから手術することになると思います。だいたい半年かかると思うので、復帰は年明けぐらいになるでしょう」

最終更新:7/18(火) 4:26
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ