ここから本文です

【西武】新助っ人右腕・ファイフ、5回2失点で来日初勝利 お立ち台で帽子を取ると…

7/12(水) 23:15配信

スポーツ報知

◆西武6―3ロッテ(12日・メットライフドーム)

 西武の新外国人右腕、スティーブン・ファイフ投手(30)が12日、ロッテ戦で来日2度目の先発に臨み、5回6安打2失点で来日初勝利を挙げた。

 最速150キロの直球と、手元で細かく動く変化球を武器に、ゴロを打たせて取る投球を披露して2回まで無安打投球。4、5回と安打を集められて失点したが、要所を締めてそれぞれ最少失点で切り抜けた。

 来日初登板、6日の日本ハム戦(札幌D)では3回1/3を投げて4四死球と制球を乱したが、この日は2四球と安定。「前回よりもいい投球ができましたし、炭谷にも助けられました。ファンの方にも大きな声援を送っていただいて、その中で投げられて良かった」と振り返った。

 来日初のお立ち台では、コミカルな一面を見せて自己紹介。特徴的な長いひげについて、インタビュアーから「こだわりはありますか?」と聞かれると、「ひげの方はいっぱいあるんですけど、頭の方はちょっと薄いかなと思います」。帽子を取って頭をなでるおちゃめなしぐさをしながら、ニヤリと笑ってスタンドを盛り上げた。

 チームは前半戦を3連勝で締め、貯金9の3位。辻監督は「ここまで投げてくれれば十分。この暑さでは大変だっただろうし。また投げさせたいと思える投球だった。期待しています」と評価した。「今日のような投球ができれば。なるべく長い回を投げて、チームの勝利に貢献できれば」とファイフ。勝負の後半戦を前に、チームに頼れる助っ人が加わった。

最終更新:7/27(木) 1:16
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/28(金) 17:20