ここから本文です

【NBA】レイカーズがR.ロンド、K.コールドウェル・ポープと面会

7/12(水) 13:36配信

ISM

 ロサンゼルス・レイカーズが、FA(フリーエージェント)のラジョン・ロンド、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープと現地11日に面会したことが、情報筋の話で分かった。米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが報じている。

 昨シーズンにシカゴ・ブルズでプレーしたロンドは、レイカーズのバスケットボール運営部門のマジック・ジョンソン球団社長と面会。球団は、1年契約でのポイントガード獲得を目指しているようだ。レイカーズは、今年のドラフトでポイントガードのロンゾ・ボールを全体2位指名している。

 コールドウェル・ポープは、デトロイト・ピストンズが先週クオリファイングオファーを取り消したことで、完全FAになった。今回面会したレイカーズを含め、複数のチームが同選手の獲得に乗り出しているという。

 強力なディフェンダーとして知られる24歳のコールドウェル・ポープは、移籍市場に残っているFAの中でトップ選手と考えられている。昨季はピストンズで平均13.8得点、3.3リバウンドをマークした。

 同サイトによると、レイカーズは目下、キャップスペースに1700万ドル(19億3000万円)の空きがある。球団は、スター選手が市場に出回る2018年夏に向けてキャップスペースを守りたい考えで、このオフはFAとの1年契約を目指しているようだ。

最終更新:7/12(水) 13:36
ISM