ここから本文です

【NBA】ピストンズ&ペリカンズ、R.ジャクソンのトレード交渉か

7/12(水) 14:16配信

ISM

 デトロイト・ピストンズが、ポイントガードのレジー・ジャクソンの放出を含むトレードについて、ニューオーリンズ・ペリカンズと交渉していることが分かった。米スポーツ専門サイト『スポーティング・ニューズ』が『Basketball Insiders』の情報として伝えた。

 ピストンズは、ガードのイートワン・モア、センターのアレクシー・アジンサを交換要員に求めているという。

 ジャクソンは、2014-2015シーズンのトレード期限にオクラホマシティ・サンダーからピストンズにトレードされ、2015年夏に5年8000万ドル(約90億7000万円)の新契約を結んだ。同サイトによると、ピストンズにとって今回のトレードの目的は、今後3年間で5100万ドル(約57億8000万円)を残す、ジャクソンの契約を処理することだという。

 ピストンズは直近3シーズンで2度、セントラル地区最下位に沈んでおり、ロースターの本格的なてこ入れに取りかかっている。今オフはボストン・セルティックスとのトレードで、守備が得意なシューティングガードのエイブリー・ブラッドリーを獲得し、フォワードのマーカス・モリスを放出。同サイトは、主力のアンドレ・ドラモンドも、レギュラーシーズンが始まる前に新しいユニホームを着ている可能性があると伝えている。

最終更新:7/12(水) 14:16
ISM