ここから本文です

【広島】“小林2世”広陵・中村は俊足!2打点2盗塁「キャッチャーでも走れるというのを見せられた」

7/13(木) 8:04配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権広島大会 ▽2回戦 崇徳3―9広陵(12日・東広島運動公園)

 今秋ドラフト候補の広陵・中村奨成捕手(3年)が、今夏初戦の崇徳戦に「3番・捕手」で先発。同校OBの巨人・小林に憧れる“小林2世”は無安打に終わったが、二塁強襲の先制打(記録は失策)を含む2打点2盗塁。「キャッチャーでも走れるというのを見せられた」と笑顔で振り返った。

 181センチ、76キロ。三拍子そろった大型捕手を目当てに、ネット裏には日本ハム・吉村GMら11球団30人のスカウトが視察。広島・川端編成グループ長は「身体能力が高い。高校時代の小林より、全ての面で上」。巨人・井上チーフスカウトは「高いレベルの選手。小林のようになれる可能性がある」と評価した。

最終更新:7/13(木) 8:29
スポーツ報知