ここから本文です

小林氏12日出馬表明 福島市長選

7/12(水) 9:15配信

福島民報

 12月7日の任期満了に伴う福島市長選で、現職小林香氏(58)は再選を目指し立候補する意思を固めた。12日に市内で記者会見を開き、表明する見通し。同市長選での立候補表明は初めてとなる。一方、市議有志は復興庁福島復興局長の木幡浩氏(56)に立候補を要請しており、選挙戦に向けた動きが今後、加速するとみられる。

■11月12日告示19日投開票か

 後援会関係者によると、小林氏は10日に後援会から立候補要請を受け、前向きな姿勢を示した。8日に行われた市制施行110周年記念式典では、「市民の信頼と期待に応えるため、真正面から課題に向き合う。みんなが誇れる県都の創造を進める」と述べ、立候補への意思をにじませていた。
 小林氏は福島県伊達市保原町出身。福島高、中央大法学部卒、英国サセックス大修士課程修了。1988(昭和63)年に旧大蔵省に入省。環境省東北地方環境事務所長などを務めた。2013(平成25)年11月の市長選で初当選した。
 一方、木幡氏は7日に市議有志12人から出馬要請を受けた際、「要請は大変重い。よく考えて結論を出したい」と語り、熟慮して結論を出す考えを示した。
   ◇  ◇
 福島市長選は11月12日告示、19日投開票の日程で行われる見通しとなった。市選管委が来週にも開く会合で決定する。
 公選法では、首長選は任期満了日の30日以内に行うと定められている。小林氏の任期は12月7日までで、日曜日の11月12日、19日、26日、12月3日のいずれかが候補となる。12月定例市議会は12月上旬に開会するのが通例のため、11月のなるべく早い日を投票日に当てるべきとの意見があり、投開票作業を行う会場の日程などを考慮した結果、11月19日投開票が有力になっているという。

福島民報社

最終更新:7/12(水) 11:03
福島民報